熱中症に対する知識を身につけよう☆


こんにちは!ベイサイド院の岡本です!

みなさま体調管理には十分に気をつけてくださいね!

夏になれば必ずと言って注意しないといけないのが熱中症です。

そこで今日は

熱中症

について書いていきます!

熱中症の分類

熱失神

 

・・・体温が上がると体外に熱を逃がすため皮膚血管を拡張することで一時的に脳へ十分な血液が送られず酸欠状態になりめまい、立ちくらみ、また意識を失うことがあります。

特徴:めまい 立ちくらみ 顔面蒼白 速脈 失神

 

②熱けいれん

・・・汗は血液から作られ、汗を体外に出し蒸発させることで身体の熱を体外に逃がし体温を下げています。汗には電解質も含まれ、汗で水分だけでなく電解質も失われます。そのため、水だけ補給したところで身体の塩分が失われるため塩分は筋肉の収縮を調節する機能もあるため手足がつるなど、筋肉の痙攣を引き起こすことがあります。

特徴:筋肉痛 手足がつる 筋痙攣

 

③熱疲労

・・・著しく体温が上昇するときには汗をかくことで体温の熱を外に逃がします。その時に十分に水分を摂らないと脱水状態になりそれが続くと全身倦怠感、悪心、嘔吐、頭痛などの症状がみられます。

特徴:全身倦怠感 悪心・嘔吐 頭痛 集中力・判断力の低下 

 

④熱射病

・・・上記のことが起こってさらに体温が、体温を調節する働きが追いつかなくなると脳に影響が及び、倒れたり、意識障害をきたすことがある。

特徴:体温が高い 意識障害 ふらつく 言動が不自然

 

最近、熱中症で多いのが室内での熱中症です。室内でも室温管理をしっかりとし、喉の渇きがきてから水分をとっても手遅れの場合がある為こまめな水分補給を心掛けていきましょう。

特に乳幼児では汗腺が未発達なため炎天下の車の中などでは体温が急激に上昇しやすいため十分に注意が必要です。また、ベビーカーは大人より地面に近いのでより注意が必要です。

ベビーカー イラスト に対する画像結果

高齢者では暑さや喉の渇きに気づきにくく、水分を十分に摂ることが難しい場合もあります。熱中症になったときの症状も重くなりやすいため十分に注意する必要があります。クーラーの利用をうまく行いましょう!

クーラー イラスト に対する画像結果

皆様、これからも暑い日が続くと思われますが体調管理には十分に注意をしていただき最高に楽しい夏をお過ごしください!!

 

アイズトータルボディステーション

       &

アイズスポーツ整骨院 ベイサイド店

パーソナルトレーニング&ケアでパーフェクトボディに!!

☎ 092-402-0551

月曜日~金曜日 9:30~22:00(最終受付21:45)

土曜日 9:30~19:30(最終受付19:15)

日曜日・祝日 9:30~19:00(最終受付18:45)