寒暖差アレルギーって・・・???アイズのパーソナルトレーニングで対策できる???


皆さんこんにちは!マネージャー山地です

最近は薮内君がブログを頑張ってくれてます✐

ホットペッパービューティーからの予約はこちらから

山地はこちらでブログを書いてます(頻度を上げないとみんなに見られるなぁ~💦)

 

本題へ

寒暖差アレルギーというフレーズ

ブログ画像

 

最近よく聞きますよね?

太陽が出ている昼間はポカポカ暖かいけれど、日が落ちた夕方以降は急激に冷え込む秋から冬にかけての時期や春先などの季節の変わり目は、このように1日の寒暖差が大きくなるもの。

こうした寒暖差によって起きるくしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を寒暖差アレルギーといいます。

医学的には血管運動性鼻炎と呼ばれ、温度差が刺激となって鼻の粘膜の血管が広がり、粘膜が腫れることで引き起こされる症状と考えられています。

寒暖差アレルギーの症状は、温度差が7度以上になると出やすいといわれています

寒暖差アレルギーの原因はまだ明らかにされていませんが、一因として自律神経のバランスが関係していると考えられています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があり、臓器や血管に対して正反対の影響を及ぼしています。

例えば、交感神経が優位になると血管が収縮し、血圧を上昇させますが、副交感神経が優位になると逆に血管が拡張し、血圧の低下をもたらします。

また、心拍数も交感神経が優位になると増加しますが、副交感神経が優位になると減少します。

このように、体内の環境は自律神経のバランスによって適切に保たれており、鼻の粘膜にある血管の収縮や拡張も自律神経によって通常はコントロールされています。

ところが、激しい寒暖差による刺激を受け続けると自律神経のバランスが乱れ、鼻の粘膜の血管の収縮・拡張の調節もうまくいかなくなります。その結果、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの鼻炎の症状が表れやすくなるのです。

寒暖差アレルギーを防ぐためには、体に感じる温度差をできるだけ小さくすることが大切です。

寒い屋外を出歩く時は、首元をスカーフやマフラーなどで温め、さらにマスクを着用するのがお勧めです。首の皮膚表面近くには太い血管が通っているため、温めることで顔まわりの血流が促進されます。

また、筋肉量が少ないと体内で産生される熱量が少なく、体温調整がしづらいため寒暖差に弱くなりやすいということも考えられます。

そこでぜひ行いたいのが運動です。適度な有酸素運動や筋トレは、筋肉を強化し、血流を促進するうえでとても有効です。

結果的に寒暖差アレルギーを予防する効果も期待できます。

症状が現れた方は・・・内科や耳鼻咽喉科に行くのも良し☆

そして、筋肉鍛えにアイズへお越しください!!

ブログ画像

アイズトータルボディステーション

アイズトータルボディステーション&アイズスポーツ整骨院 ベイサイド店

パーソナルトレーニング&ケアでパーフェクトボディに!!

ジム  092-402-0551

月曜日~金曜日 10:00~22:00(最終受付21:00)
土曜日 10:00~21:00(最終受付20:00)
日曜日・祝日 10:00~19:00(最終受付18:00)

整骨院  092-282-7606

月曜日~金曜日 9:30~22:00(最終受付21:30)
土曜日・日曜日・祝日 9:30~21:00(最終受付20:30)

フットサルコート 092-282-7613

アイズトータルボディステーションベイサイド アイズスポーツ整骨院ベイサイド院 について

I’s TOTAL BODY STATIONベイサイド店 アイズスポーツ整骨院ベイサイド院 アイズスポーツパークベイサイド(フットサルコート) 〒812-0021 福岡市博多区築港本町13-6ベイサイドプレイス博多B館2F(ジム) 福岡市博多区築港本町13-6ベイサイドプレイス博多C館1F(整骨院) 福岡市博多区築港本町13-6ベイサイドプレイス博多(フットサルコート) TEL 092-402-0551(ジム) 092-282-7606(整骨院) 092-282-7613(フットサル)